トップページ ◆ 硫黄 ◆ イソオクタン酸セチル ◆ イソステアリン酸 ◆ イソフラボン ◆ 喜ばれる ◆ 安全 ◆ 悩み ◆ 角栓 ◆ サイトマップ

コスメの成分と効果

知らないと損するコスメの知識・化粧水

コスメの種類スキンケアの際、化粧水の付け方として、ひと昔前はパンパン叩いて
浸透させるということが流行ったことがありました。
しかし最近ではそういった叩いて浸透させる方法はあまり推奨されていません。

IPSコスメティックスの美容液も同様で、正しく使って初めて効果が得られます。

手のひらやコットンを使ってじんわりゆっくりと肌になじませることで、
しっかりと肌の奥に入って行きます。
さらには肌の温度も少し高めの方が浸透率が高いため、温かい状態でつけた方が
効果が期待できます。

付け方はそのスキンケアの商品タイプにもよりますが、IPSコスメティックスの美容液をはじめ
多くの美容液の場合、できれば手のひらの温かい状態か、コットンを濡らして
温めた状態での塗布の方が良いと言われています。

これは、入浴時に浴槽に浸かりながらだとさらに浸透率があがることから
パックとして化粧水をする方も増えています。
温かいお風呂で毛穴が開くので、化粧水の美容成分が奥までしっかり浸透するのです。
また、蒸しタオルで肌を温めてから行うのも効果的です。

タオルで温める

そのあとはしっかりと潤いを閉じ込めるために乳液や美容液を必ずつけましょう。
最後に少し冷やしてあげると毛穴がキュッとしまります。
日々のケアで、肌そのものの力を引き出してあげましょう。

IPSコスメティックスの美容液には、昼用と夜用の2種類があります。
これは、時間帯によって肌の状態が違うためです。

また、IPSコスメティックスの化粧石鹸を使うとさらに効果的です。
IPSコスメティックスの化粧石鹸は非常に泡立ちが良く、肌に刺激を与えないよう
しっかりと栄養を補います。

効果的なスキンケアをするためには、使用するコスメティックスを
同じメーカーで統一することが良いとされています。

正しいスキンケア方法で、IPSコスメティックスの化粧石鹸と美容液を
併せて使う事で、美肌に近づくことができます。

一日頑張って、疲れた肌に「おつかれさま」の言葉をかけて。

労う

 

Copyright(c) コスメの知識. All Rights Reserved.