トップページ ◆ 硫黄 ◆ イソオクタン酸セチル ◆ イソステアリン酸 ◆ イソフラボン ◆ 喜ばれる ◆ 安全 ◆ 悩み ◆ 角栓 ◆ サイトマップ

コスメの成分と効果

知らないと損するコスメの知識・イソステアリン酸

コスメの種類 IPSコスメティックスの製品には、多くの成分が含まれています。
そのため、どの成分にどのような効果が期待できるのかについて
IPSコスメティックスではお客様に丁寧にご説明するようにしています。

コスメティックスの成分を知ることは、肌トラブルを避けるためにも必要なことです。

様々なコスメティックス商品に含まれるイソステアリン酸は、油剤、結合剤、
洗浄剤、界面活性剤の原料として使われる液体状のオイルです。

液体状のオイル

よく似た成分のステアリン酸は固形状オイルです。両方を使用して
コスメティックスの使用感を調整することができます。
酸化しにくい成分のためコスメティックス商品の品質安定のために
使用されたり、肌馴染みを良くする効果、滑らかな感触にする効果があります。

イソステアリン酸は、同じ系統のオレイン酸より酸化しにくく、安定しています。
主にスキンケア商品に配合され、化粧品ではリキッドファンデの乳化剤として使われます。
この成分の人体への安全性は問題ありませんが、一部アレルギー報告がされているようです。

コスメティックス商品は殆どが油分と水分を結合させなければなりません。
油分と水分はそのままでは交じり合わず結合できませんが、界面活性剤で結合することができるのです。

界面活性剤は沢山の種類がありそのうちの一つがイソステアリン酸です。
クレンジング、石鹸、シャンプー、ヘアフォーム、リキッドファンデーション、
口紅など幅広いコスメティックス商品に使用されています。

化粧品には必要な界面活性剤ですが、大豆由来や卵黄由来の無害な界面活性剤もあります。
界面活性剤という名前だけ聞くと抵抗感のある人も多いでしょう。

しかし、無害の天然由来の成分で作られたものもあると知ると、安心して使えそうですね。
まず、使う前に成分に興味をもって見てみましょう。

IPSコスメティックスの製品に関しても、界面活性剤について肌への影響を
心配された声を耳にすることがありますが、IPSコスメティックスの製品は全て
安全性テストをクリアしたものが使用されているため、心配はいりません。

事前のテスト

そうはいっても肌の特に弱い方にとっては、心配になる部分もあるでしょう。
IPSコスメティックスの製品を使う際に疑問などがある場合は、
まずはIPSコスメティックスの販売員に相談してみることをお勧めします。

 

Copyright(c) コスメの知識. All Rights Reserved.