トップページ ◆ 硫黄 ◆ イソオクタン酸セチル ◆ イソステアリン酸 ◆ イソフラボン ◆ 喜ばれる ◆ 安全 ◆ 悩み ◆ 角栓 ◆ サイトマップ

コスメの成分と効果

知らないと損するコスメの知識・乳液

コスメの種類女性にとっては常識であるスキンケアは、化粧を落としてから
化粧水をつけ、乳液・美容液と複数のステップが必要です。

通常のケア

しかし中には、スキンケアの方法としてあまり多くの化粧品を
肌につけたくないという方もいます。

そんな方には乳液だけをつける乳液パックがおすすめです。
やはり、油分が入っているものだと浸透するのが水分より
遅くなってしまうので、コットンなどにひたひたにつけたものを
入浴中に顔に乗せておくと、毛穴が開いた時にしっかりと吸収されます。

スキンケアと同時に、湯船にゆったりつかることもでき、
肌にも冷え対策や代謝アップにもいいでしょう。

湯船に浸かる

乳液は、スキンケアとしては化粧水を塗ってからその後につけるアイテムでもあるので、
肌に潤いがある状態の方が中に浸透して行きやすいのです。

成分は女性ホルモンに近いと言われているイソフラボンを使ったものや、近年多く
使用されるようになったプラセンタ入りのものが、アンチエイジングに有効的です。
もちろん、コットンではなくフェイスシートのようなものを使うのもとても良いです。

まず、蒸しタオルで顔を包み込み毛穴を開かせます。
そこにひたひたに浸したフェイスシートをのせる。
そんなシンプルな方法ですが、十分それで潤うのです。
特別高価なものでなくとも、自分の肌にあったものを効果的に使えば十分な事もあるのです。

また、IPSコスメティックスの美容液を使われている場合は
お風呂上がりにもう一手間のスキンケアをすることで
更に肌の保護を強化することができます。

通常のケアとしては、IPSコスメティックスのコンディショニングバーで
十分に洗顔を行ったあと、しっかりと水分を拭き取ってから
IPSコスメティックスの美容液を肌に馴染ませて完了します。

しかし、普段より肌への負担が多くなるタイミングも日常では起こり得ます。
肌状態が気になる時は、まず通常通りIPSコスメティックスの美容液で
パッティングをしたあとに、気になる部分あるいは顔全体に
IPSコスメティックスの美容液を更に重ねづけします。

あるいは、ホットタオルで蒸らしてからピーリングを行うのも効果的です。
いずれにしても、もう一手間とはいえ簡単に済ませられる
プラスαのスキンケアがIPSコスメティックスではできますので
まだ使われたことがないという方はぜひ試してみて下さい。

Copyright(c) コスメの知識. All Rights Reserved.