2016年05月10日

男性の赤ら顔に効果的なコスメティックスは男性用化粧品とは限らない

現在様々なコスメティックスがある中、ほとんどが
女性用化粧品として認識されているのではないかと思います。

しかし、男性用化粧品も最近ぐっと増えていますね。
女性と同じように、お肌にトラブルを抱える人のための
コスメティックスも増えているのです。

そんなお肌の悩みの1つに赤ら顔があります。

頬だけではなく、顔全体に広がってしまうこともあり、
とても深刻です。
そもそも何故赤くなるかというと、寒い場所や、
気温の差が激しい場所にいることによる血行不良から
毛細血管が太くなり、薄い皮膚から透けて見えてしまって
いるからなのです。

他に考えられるのは、内蔵疾患や胃腸障害、
乾燥肌や敏感肌など。

つまり、各々に適したケアを行えば症状は軽減するのです。
男性用化粧品のイメージは、さっぱり、クール系が
強いですが、 それはアルコールが入っているためです。

敏感肌の男性が使用してしまうと、 刺激を受けて
症状が悪化してしまうことも。
自分の肌質に合ったコスメティックスを選ぶことが重要です。

毛細血管の拡張に効果的なビタミンK配合の
コスメティックスは、同じ悩みをもつ女性にも
支持されているので、男性の方も試してみては
いかがでしょうか。
sponsored link
posted by IPSが好き at 13:41 | Comment(0) | 肌トラブル解消

2016年04月20日

コスメティックスの疑問:男性用化粧品と女性用化粧品の違い

女性が化粧品を使うのは当たり前ですが、近頃は
男性でも年齢を問わず男性用化粧品を使用する人が
増えています。

洗顔料、化粧水、乳液など、女性用と同じような
コスメティックスが沢山販売されていますが、
果たして男性用化粧品と女性用化粧品とわざわざ
明記して販売して違いはあるのでしょうか。

結論から言えば、どちらのコスメティックスも
基本的には同じものと考えて構いません。

なぜなら男性も女性も、同じ人間なので男性の方が
少し皮脂分泌が多いケースはあっても、
個人差もあるのでまず同じ肌だといえるからです。

では何故わざわざ別々でコスメティックスを
製造・販売しているのでしょうか?

それは男性と女性がコスメティックスに
求めるものが違うからです。

一般的に男性は匂いが少なく、さっぱりとした使用感を
好むのに対し、女性は良い香りがしてしっとりと
潤いが感じられるコスメティックスを好む傾向が
あるからです。

両者が望むものが違う為、男性用化粧品・女性用化粧品と
分けて製造・販売されています。

sponsored link
posted by IPSが好き at 17:30 | Comment(0) | 肌トラブル解消